トップページ > オオガネホームの家づくり > オオガネホームの家づくり

オオガネホームの家づくり

オオガネホームの家づくり

強制的なシステムに頼らない、化学物質を極力使用しない。
そして、環境に負担を掛けない。

日々の生活や季節の移り変わりで変化する室内環境。 木の家が、好きです。
百年躯体
強制的なシステムに頼らない、化学物質を極力使用しない。
そして、環境に負担を掛けない。

本物の木とそれを守る自然の力、熟練された職人の技で子孫の代まで快適に暮らせる家。

それがオオガネホームの自然素材の家「百年躯体」です。

住のトレーサビリティ [ 住まいの成分表示 ] 職人の技
無垢材 塗り壁
床下 木製ペアガラスサッシ
羊毛断熱材 地盤調査・改良
  • 住のトレーサビリティ [ 住まいの成分表示 ]
シックハウスにより体調を崩す人が現れやや久しく、それに伴い、人体に安全な材料で家を建てたいという人が急増しています。 オオガネホームでは、使用する建材の産地や製材業者、有害化学物質が含まれているか否かを一つ一つ調べ公開するシステムを確立しました。
住のトレーサビリティ [住まいの成分表示]
各メディアで紹介されました
  • 職人の技
オオガネホームの家づくりは、手仕事が基本です。 木材の刻みから大工が墨を入れ、心を込めて行います。工場のプレカットでは出来ない細かな心配りで家の骨組みを仕上げていきます。
職人の技
木を知り尽くした匠の技
  • 無垢材
木の香りに包まれると心も体も癒されます。
オオガネホームの前身は材木屋。
木のことならお任せを。
無垢材
桐生産の桧大黒柱と群馬で育った
杉の構造材 で組み上げた建前の様子
  • 塗り壁
漆喰や珪藻土は職人のコテさばきで様々な表情が楽しめます。抜群の腕前で壁博士のような左官職人が技を披露します。
塗り壁
抜群のコテさばきを披露する左官職人
  • 床下
群馬県南牧村産の調湿炭を敷き詰めます。炭は湿気や悪臭を吸収し、アルカリ性なのでカビや微生物を寄せ付けない特性があります。
床下
床下に敷き詰められた調湿炭
  • 木製ペアガラスサッシ
アルミサッシに比べ約1800倍もの断熱、保温性能があります。そのため、あの不快な結露が起きません。窓辺のヒヤッと感もありません。
木製ペアガラスサッシ
木の家と相性抜群の木製サッシ
  • 羊毛断熱材
ニュージーランド産の羊毛で出来た断熱材を床に敷き込み、壁の中に貼ります。 羊毛は細胞内に湿気を取り込む特性があるため、表面は常に乾いた状態になっています。この特性を生かした羊毛断熱材には、保温作用のほか、調湿作用もあるのです。
羊毛断熱材
敷き詰められた厚さ120mmの羊毛断熱材
  • 地盤調査・改良
家づくりの第一歩は地盤調査。
安心して大好きな「我が家」にずっと住めるように。
地盤調査