トップページ > オオガネホームの家づくり > オオガネホームの家づくり > 無垢材

オオガネホームの家づくり

無垢材※1

木には調湿作用※2保温効果があります。

合板※3や集成材※4も出回っていますが、安全性を考えると、室内環境を大きく左右する構造材、造作材は無垢材※1が良いのです。

大黒柱・土台・1階柱は桧、二階柱は杉、梁は杉や松を使用しております。

これらの構造材は、群馬県産材を使用しております。

群馬県産材を使うことは、林業や木材産業が元気になり、群馬県内の森林が整備され、輸送のコスト、CO2削減にもなり、地球温暖化を防止することにもつながります。

オオガネホームで使用する無垢材は、産地・経歴が明らかです。

木の香りに包まれると心も体も癒されます。

無垢材で組み上げた1階の様子 完成した室内
無垢材で組み上げた1階の様子 完成した室内
  • 無垢材とは(※1)

1本の木を製材して出来た木材。接着剤で貼り付けていないので安心。
接着材には揮発性化学物質が含まれています。

  • 調湿作用とは(※2)

湿度が高い時は湿気を吸い込んで、湿度が低い時には湿気を放出して、湿度を調節する作用です。加湿器と乾燥器の役割を自然にします。

  • 合板とは(※3)

丸太を薄くかつら剥きにし、何枚も接着剤で張り合わせた建築資材。丈夫で安く、狂いも出ないのでお手軽に使用出来る反面、多量の接着材の使用が不可欠となります。合板を壁、床、天井に使用すると使用面積がとても広くなるので、室内環境悪化の恐れがあります。

  • 集成材とは(※4)
小さな木片を接着材で貼り付けて厚い木の板に形成したものです。無垢板より安く狂いは少ない。構造材など家の広範囲で使用すると室内環境の悪化を招く恐れがあります。
  • オオガネホームはチーム・マイナス6%に参加しています。