トップページ > みんなの住まい > 施工例 > 自然素材の家・写真集

みんなの住まい

施工例・自然素材の家 写真集

〜 小さな家で心豊かに暮らす 〜
上毛新聞 「週刊すみかくらぶ VOL.369」 2005年6月2日掲載住宅
自然素材の家・写真集
外壁材 杉板、ハイスタッコ
屋根材 ガルバニュウム鋼板
内壁 パイン無垢材漆喰
床材 パイン無垢材
その他 床下調湿炭羊毛断熱材
木製ペアガラスサッシ
薪ストーブすみかくらぶ  
自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集
自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集
自然素材の家・写真集    
  • 上毛新聞 「週刊すみかくらぶ VOL.369」 2005年6月2日掲載記事より


安心感のある素材を選ぶ

「無垢の木や珪藻土、ワラ入り漆喰など昔から使われている呼吸する素材に囲まれ、安心してすごせます」とご主人は話す。

ご夫妻は、新居を建てるまで20社以上の住宅を見学してきた。「いろいろ見聞きしましたが、オオガネホームの木の家に出会って、本当に求めていた物が何だかわかりました」とご主人は話す。見た目も、音の響きも、歩いたときの感触も、何もかもが自然で心地良かった。奥様は、空気の違いに気が付いた。よその展示場でいつも感じたのは、新築住宅特有のイヤな臭い。「でもオオガネホームの家は、そうしたことがまったくありませんでした。当時長男がお腹にいたため鼻が敏感で、その違いははっきりとわかりました」。

設計の工夫で大きく暮らす
こちらのお宅は施工面積が30坪に満たない小体な家だ。しかし中へ入ると、その倍以上の広さを感じる。リビングはワイドな吹き抜け、ヒノキ丸太の大黒柱がどっしりと屋根を支えているのが見える。生節が美しい木曽ヒノキの階段を上がると、明るく開放的なフリースペースと居室がある。家族3人の暮らしには十分な伸びやかなつくり。天窓から優しい光がこぼれ落ちている。

薪ストーブで家族の団らん
ご主人は、同社の住まいを何軒か見ていくうちに一つの発見をした。「多くのお宅に薪ストーブが置かれていて、初めてなのにとても懐かしい気がしました」。薪ストーブのやさしい暖かさにつつまれた空間は、何とも羨ましいものだった。「このときは予算の関係でわが家に薪ストーブを入れられるかわかりませんでしたが、うちでも薪ストーブが入ると決まったときはかなりうれしかったですね」。ご主人は、今年の冬、仕事から帰ると薪のはぜる音を聞きながら、お酒を楽しみ、ゆらぐ炎を囲んで家族団らんの時をすごすのが日課となった。

4月24日には、オオガネホームの「薪ストーブの会」のイベントに参加し、ピザ生地作りをはじめ、薪ストーブを使って出来る料理などを教えてもらい、参加者のみんなとなごやかに食事や歓談を楽しんだ。ファイヤーサイド社のポールキャスナー社長をはじめスタッフによるメンテナンス講習も大変参考になった。

「ただ建て放し、売り放しというのではなく、さまざまな楽しみを提案し面倒みてくれるオオガネホームに家づくりを依頼してよかったとつくづく思います。7月の「住まいの総点検」で会社の人や職人さんと会えるのを今から楽しみにしています」と話してくれた。

  • オオガネホームはチーム・マイナス6%に参加しています。