トップページ > みんなの住まい > 施工例 > 自然素材の家・写真集

みんなの住まい

施工例・自然素材の家 写真集

〜 薪ストーブと大黒柱のある木の家 〜
上毛新聞 「週刊すみかくらぶ VOL.338」 2004年10月14日掲載住宅
風土社「チルチンびと」 別冊11号 P148〜P149掲載住宅
自然素材の家・写真集
外壁材 杉板
屋根材 ガルバニュウム鋼板
内壁 パイン無垢材漆喰
床材 パイン無垢材
その他 床下調湿炭羊毛断熱材
木製ペアガラスサッシ
薪ストーブすみかくらぶチルチンびと  
自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集
自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集
自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集
自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集
自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集  
  • 上毛新聞 「週刊すみかくらぶ VOL.328」 2004年8月5日掲載記事より


木枯らしの吹く一日は 炎のゆらぎを見てくつろぐ
田園やりんご畑が広がる町の郊外に、こちらの木の家が建っている。
昨年築26年の家を建替えた。

「秋が深まるにつれ、薪ストーブのまわりでくつろぐ日が待ち遠しくなります」とご主人は話す。木枯らし吹く一日、薪のはぜる音やゆらぐ炎とともにすごす楽しさを知った。エアコンもファンヒーターも何もいらない。「雪の降るような日も、薪ストーブの温もりが朝まで残っているためか、部屋の温度が15度を下回ったことはないですね」と奥様はあっさりと話す。暗く寒かった旧居と比べ、雲泥の差。からだの芯から暖かさを感じ、気持ちが安らぐ。自然と薪ストーブのまわりに家族が集まり、子どもさんとふれあう時間も長くなった。

羊毛の断熱材や無垢の木が 優れた断熱効果を発揮
このお宅は、2階までの吹き抜けのオープンな間取り。その中心に、伊勢神宮の御用材の森で伐採されたヒノキ丸太の大黒柱が2階の棟まで伸び、どっしりと家を支えている。

外壁は県産材の杉板張り、35mm厚のパイン材で床を組み、天井やすべてに無垢板が張ってある。床下調湿材に南牧村産の炭を入れ、断熱材は羊毛製。羊毛は水分の吸放出作用があるので結露がなく、健康を害したり家を傷める心配がない。最終的には土に還る環境にも優しい素材だ。「羊毛の断熱材や無垢板に優れた断熱効果があるので、こうした大空間でも薪ストーブひとつで心地よい居住性をつくることができます」とオオガネホームの大金務専務は語る。

この冬はダッチオーブンで アツアツのピザ作りに挑戦
同社は、これまで建ててきた家のお施主さんたちと「薪ストーブの会」を立ち上げた。メンバーのひとりで薪ストーブの代理店でもある沼田のヤマウチインテリア木内正和社長はこう話す。「人の人体や環境にも良いのが薪ストーブ。薪ストーブひとつで暖房をまかなっていらっしゃる方が増えてきたため、燃料である薪を安く入手できるようにしたり、ストーブのメンテナンスをしたりと総合的にお手伝いできればと考えています」。

こちらのお宅では、もう冬支度が始まっているようだ。リビングの前の木製テラスには、お母様が畑で採った落花生の実が、秋の陽を浴びてかがやいていた。そしてまた木枯らしの季節がやってくる。ご主人は薪ストーブにダッチオーブンを乗せ、この冬は男の手料理に挑戦するつもりだ。まずはじめはアツアツのピザを焼き、娘さんや奥様に食べさせたいと思っている。


〜 暖かさと開放感があふれる 薪ストーブのある家 〜

大屋根でシンプルな外観の木の家。耐久性のある塗料で塗装した杉板張りの外壁に、夏の強い日差しを遮る役目を果たす、深くせり出した軒が目を引きます。コンパクトに見える外観に反し、家の中は開放的な空間が広がっています。

家全体に空気が回り、均一な室温になるように間仕切りを極力なくしたオープンな間取りが、オオガネホームの特徴。断熱性にすぐれ、湿気の吸放出性作用のある羊毛断熱材を採用し、木や自然素材の保温性を最大限に利用しているため、温められた室内の空気を包みこんで、外に逃しません。また自然素材の調湿作用で結露も防止。熱の損失が大きい窓には木製ペアガラスサッシを採用しているため、暗く寒かった旧家の冬と比べるとうそのように暖かくなりました。床下には土台を守り、家全体の空気清浄の機能も果たす床下粉炭調湿材を敷いています。また大工が墨付け、手刻みを施し、細部までていねいにつくり上げています。

棟まで伸びた檜の大黒柱がある開放的な居間は、裸足でも心地よい感触の35ミリ厚さのパイン材の床。天井には同じくパイン材、壁は白の漆喰を塗り、室内をより明るく、広々と感じさせています。さわやかな空気に満ちた室内を二人の小さなお嬢さんが走り回り、居間を見渡すことの出来るキッチンには奥さまの使い勝手に合わせた大工手づくりの収納が並びます。また、居間に置かれた薪ストーブが心和む雰囲気を醸し出しています。羊毛の断熱材や無垢板にはすぐれた断熱効果があるので、こうした大空間でも薪ストーブ一つで心地よい居住性をつくることができるのです。

家族が自然と居間に集まり、会話が弾むというご一家。薪割りはご主人の日課であり、趣味になりつつあります。頭を空っぽにして無心で斧を振り、会心の手応えを体で感じながら、至福のひとときを過ごしているそうです。そんなご主人の姿も木の家によく似合います。

  • オオガネホームはチーム・マイナス6%に参加しています。