トップページ > みんなの住まい > 施工例 > 自然素材の家・写真集

みんなの住まい

施工例・自然素材の家 写真集

〜 生産履歴がわかる安心感のある家 〜
上毛新聞 「週刊すみかくらぶ VOL.451」 2007年1月25日掲載住宅
自然素材の家・写真集
外壁材 ハイスタッコ、杉板貼り
屋根材 ガルバニュウム鋼板
内壁 パイン羽目板漆喰
その他 炭粉調湿材羊毛断熱材
木製ペアガラスサッシ
薪ストーブすみかくらぶ
自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集
自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集
自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集
自然素材の家・写真集  
 
  • 上毛新聞 「週刊すみかくらぶ VOL.451」 2007年1月25日掲載記事より


調湿性の高い自然素材を使い 健やかでぬくもりのある暮らし

キッチンの木製窓の向こうから、雪をかぶった赤城山が大きく顔をのぞかせる新居。白壁と杉の無垢板張りの外観に、薪ストーブの煙突がニョキッと突き出たぬくもりある表情をしている。「大きな屋根の木の家で、柔らかな日だまりや薪ストーブの暖かさに包まれていると、ゆったりとして安らかな気持ちになります」とご夫妻は話す。

リビングから吹き抜けを見上げると、屋根を支える檜丸太の大黒柱や太い梁のダイナミックな木組みがよく見える。床は35ミリ厚の無垢パイン。階段は木肌の美しい檜で組み上げてある。壁は麻スサや消臭効果のあるホタテ貝殻が入った漆喰壁。床下には南牧村産の炭を敷きつめ、羊毛製の断熱材を採用した。調湿性や空気清浄作用に優れた呼吸する素材が、健やかで安心感に満ちた空間をつくり出している。

落ち着いた環境のなかで 身の丈に合った家づくり
「北海道の大自然の中で育ち、子供時代はよくサロマ湖に潜って天然のホタテ貝を採って食べていたので、ホタテの健康壁を見ると懐かしい記憶がよみがえってきます」とご主人。

しかし、東京で仕事に就き、結婚して子供が生まれたころに住んでいたのは、一日中日差しがほとんど入らない高速道路脇の狭い部屋。「落ち着いた環境の中で伸び伸び暮らしたいと思い、妻の実家のある群馬の会社に転職し、2年くらい家づくりを模索してきました。」
マイホームづくりのポイントは、自分の所得レベルを逸脱しない「身の丈に合った家」。そして、風がよく通る吹き抜けを中心に、仕切りをなるべくつくらず全部の部屋が見渡せる開放感と家族のふれあいを大切にした家だった。

最終的に土に戻せる素材で、長く心地よい生活を実現
ハウスメーカーや工務店を何社も訪ねたご主人。「説明と実際の建物の間に落差を感じ、これでは一生家を建てられないのではないかと思ったこともありました。」

そんな時、自然素材の家を紹介する雑誌で紹介されていたオオガネホームの家と出合った。同社は、木の街・沼田で80年ほど木材を扱ってきた工務店。トレーサビリティー(生産履歴)を明らかにした安心できる自然素材を使って建てる家は「長い歳月、心地よく暮らせ、いつか解体する日が来ても土に戻すことが出来るため、環境にやさしく、トータルでコストパフォーマンスがよいと思いました」。

収納やキッチンは、使う人の身長や目的に合わせて、大工さんにつくり付けてもらった。「工事中の建物に入って、大工さんにいろいろお願いして細かい部分まで木でこしらえてもらったのでとても住みやすいです」と奥様は満面の笑みを浮かべた。

  • オオガネホームはチーム・マイナス6%に参加しています。