トップページ > みんなの住まい > 施工例 > 自然素材の家・写真集

みんなの住まい

施工例・自然素材の家 写真集

〜 通勤途中で見た すてきな家が オオガネホームだった 〜
上毛新聞 「週刊すみかくらぶ」 2008年7月10日掲載住宅

風土社 「チルチンびと」 別冊23号掲載住宅
自然素材の家・写真集
外壁材 ハイスタッコ、杉板
屋根材 ガルバリウム
内壁 パイン板漆喰
床材 パイン板
その他 床下調湿木炭羊毛断熱材
木製ペアガラスサッシ
「ぐんまの木で家づくり支援事業」の家
薪ストーブぐんまの木すみかくらぶ  
自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集
自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集
自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集 自然素材の家・写真集
  • 上毛新聞 「週刊すみかくらぶ」 2008年7月10日掲載住宅


建築中の家を突然訪ねる

沼田市に住むOさんは、勤務地の前橋市に通う途中、気になる建築中の家を見つけた。仕事の関係で各地に住み、ようやくふるさとに戻り、そろそろ家づくりを考えていたときだった。組みあがっていく様子を毎日見ていると、木の使い方の巧みさに感心し、ぜひ現場を見たいとある日立ち寄ってみた。

「予約などせず、突然大工さんに声を掛けました。仕事中ですが、嫌な顔ひとつせずにていねいに説明してくれました。がっしりした柱や梁、無垢材をたっぷり使った見事な家に一目で気に入りました。この工務店で家を建てたいと思いました。後で大工さんに社長のことを聞くと、驚いたことに、高校の同級生だったんです」 と施主のOさんは話す。

オオガネホームの大金泉社長とは20数年ぶりの再会だった。その後、同社の他の建物を見学し、ますます良さが分かり、家づくりを依頼することにした。

家族の暮らしにあわせてつくる
同社の住宅は、伝統の職人技を基本に、太い無垢材を組み、漆喰や珪藻土で壁を塗り、木製サッシと羊毛の断熱材を使う、自然に即した率直な家づくりが特徴だ。耐久性には特に配慮し、地盤調査により土地に適した基礎をつくる。また、床下に炭を敷き、調湿と防カビ、防腐性能を高めている。経年変化に強い良質の自然素材を用いた「百年躯体」として、子孫まで長く使える家となっている。

O邸は、1階がひと続きのリビング・ダイニング、キッチン、和室で、北東に浴室、トイレを置いた。2階は吹き抜けを囲んで主寝室、子ども部屋とファミリースペースを回し、全居室が吹き抜けを通して連続した空間になっている。

「建設中、職人さんと話し合いながら、作っていきました。例えば、階段脇の突き当たりに家事コーナーを作り、造り付けのデスクを付けました。アイロン掛けに十分な広さを確保していただき便利ですね。キッチン脇の土間もパントリーや庭仕事用のスペースとして活用しています。素人の夢と希望にプロとしての考え、技を上手く組み合わせて共に造り上げていっていただいた様に思います」と奥さまは語る。

本物の木の家を堪能
同社の家づくりは、建築中からすべてを見せる。職人の一人ひとりが誇りと責任を持って取り組んでいる。そのため、完成後は隠れてしまうところまで、入念に手を入れ、良材を使う。O邸は、構造材に和歌山産の檜、群馬産の杉、松、内装は無垢のパインの厚板で床、天井と腰板に張った。家の中心に立つ大黒柱は2尺(約60センチ)の檜、床柱は屋久杉で両者ともなかなか手に入らない銘木だ。

壁は麻入りの漆喰手塗り。外壁の塗装は家族全員で行った。子ども達が塗装中の外壁杉板に絵を描き、建築の記念になっている。

「今までの家は風呂がカビで悩まされました。新しい家は雨の日でも家の中がいつもさらさらして、良い香りがします。断熱性能が高く、漆喰や炭の調湿効果か、結露やじめじめ感がありません。この家に住むと元気の力がわいてくるような気がしますね」とOさんは語ってくれた。

  • オオガネホームはチーム・マイナス6%に参加しています。